Making Yeats 150th Anniversary in Japan

The following is information on a 3-day event in Tokyo marking the 150th anniversary of the birth of W.B. Yeats.
English follows Japanese.
Ken’ichi Matsumura and Yoko Sato of IASIL Japan will be on the panel of the symposium “Japan and Yeats”, and there will be a performance of “Deirdre” based on the Japanese translation by member Seishi Matsuda.

——————————————————————-

イェイツ生誕150周年記念イベントのご案内 

Marking Yeats 150th Anniversary in Japan (English below)

イェイツ・デイ関連の数々のイベントにご関心をお寄せくださり、ありがとうございます。

今年は、アイルランドの最も著名な詩人の生誕150周年を記念し、東京で6月12日から14日の3日間、イェイツ生誕150周年記念イベントを開催します。ぜひご参加ください。

公演の主な内容:

v  劇団グハナ・ビネ・シアリ『Everlasting Voices永劫の声~』: 

幼少期から老後までの物語を、詩や演奏、ダンスなどで表現したパフォーマンスを英語とアイルランド語でお届けします。

v  イェイツの詩を現代のアイルランドの音楽とともに: 

東京に拠点を置くアイルランド人作曲家、ポール・ヘイズが『さまようイーンガスの歌』を元に作った楽曲を披露します。

v  講演と謡:

能楽師・観世銕之丞が『鷹の井戸』を能楽にアレンジした作品『鷹姫』から一曲を披露します。また演出家・能楽プロデューサー笠井賢一とともに「イェィツと能」について語ります。

v  日本アイルランド協会主催シンポジウム「イェイツと日本」: 

劇団IATによるイェイツ作の戯曲『デアドラ』の公演と共にお届けします。

全公演とも6月12日から14日まで両国のシアターX(カイ)で上演されます。

詳細は添付のチラシをご覧ください。

最新情報はFacebookページにてご案内いたします。https://facebook.com/yeatsdayjapan

 

入場ご希望の方はinfo@theaterX.jp までご連絡ください。

『栄劫の声』と『鷹姫』のチケット料金は¥1,000です。

シンポジウム『イェイツと日本』は無料です。メールでの事前予約: info@japan-ireland.com

【予告】

イェイツ生誕150周年の今年、年間を通じて様々な記念イベントが行われます。

10月10日(土)には早稲田大学にて講演とギターリサイタルを開催予定。

詳細はFacebookページhttps://facebook.com/yeatsdayjapan にて随時発表します。

お申込みは7月15日開始予定です。

お問い合わせ:アイルランド大使館 tokyoembassy@dfa.ie

 

*************************************************************************************************************

Thank you for your interest in our Yeats Day series of events. This year, we hope you will join us for ‘Yeats 150’, in Tokyo, from 12-14 June to mark the 150th Anniversary of Ireland’s most famous poet!

Highlights include:

v  ‘ Everlasting Voices/Guthanna Síoraí’  , a show which charts a life from childhood to old age, through poetry, music and dance, in English and Irish by Guthanna Binne .

v  A new composition by Tokyo –based composer Paul Hayes, with words and video, based on ‘The Song of Wandering Aengus’.

v  A recitation from ‘Takahime’, the Noh play based on Yeats’s ‘At the Hawk’s Well’, by Tetsunojo Kanze and ‘ Yeats and the Noh’, a talk, by Kanze and  Noh Director, Kenichi Kasai.

v  ‘Japan and Yeats’ symposium, organized by the Japan Ireland Society with a reading/performance in Japanese  of Yeats play ‘Deirdre’, by IAT.

Events all take place at Theater XCai  in Ryogoku, from 12 to 14 June. See attached flier for details and dedicated facebook page for regular updates. https://facebook.com/yeatsdayjapan .

To register for any of these events please contact info@theaterX.jp

Everlasting Voices/ Takahime:  tickets ¥1000, at the door.

‘Japan and Yeats’ Symposium; free of charge. Advance registration by  email : info@japan-ireland.com

More Yeats 150 events to look forward to in 2015!

Yeats 150 Keynote Lecture and Guitar Recital:

Join us to celebrate Yeats 150 at Waseda University, Saturday 10 October 2015. See Facebook page for detailshttps://facebook.com/yeatsdayjapan 

Registration opens 15 July 2015.

For inquiries: Embassy of Ireland, Tokyo: tokyoembassy@dfa.ie

——————————————————

Flyer ↓

yeats 2015

カテゴリー: News   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>